嬉しく笑っている女性

女性の体は、毎月妊娠の準備に備えて体内では子宮内膜を形成していきます。
しかし、妊娠しないと、この子宮内膜が不要になるため、プロスタグランジンというホルモンの作用で生理をおこします。
生理痛が強い方と弱い方と様々ですが、多くの女性にとってはつらい症状の1つであり、この時期に憂鬱になる方も多くいます。

生理痛はなぜおこるのでしょうか。
生理中のプロスタグランジンというホルモンの分泌量が多いことで生理痛は起こります。
プロスタグランジンは、子宮を収縮させ、子宮内膜がはがれる時の出血を体外にスムーズに出す役割を担っています。
このプロスタグランジンが多くなると、子宮の収縮運動を過剰にし、痛みにつながるのです。
ちなみに陣痛もこのプロスタグランジンによるものです。
腹痛だけではなく、他にも腰痛や肩こり、吐き気の原因にもなります。
体が冷えやすい方も生理痛が強くなる傾向がありますが、血行不良によりプロスタグランジンが体内の骨盤にとどまりやすくなってしまい、痛みが強くなります。

ストレスによってホルモンや自律神経のバランスが乱れやすくなり、血行不良になる方もいます。

また、子宮口がせまいことも経血をうまく排出することができず、痛みを引き起こす原因となります。
子宮口がせまい10~20代の若い人や出産経験のない女性には生理痛はおこりやすいです。
分娩後、生理痛が軽くなったという方もいますが、子宮口が広がったことによるものです。
さらに、中には子宮内膜症や子宮筋腫が原因で痛みを引き起こしている場合もあるので、生理痛がひどい方や出血が多い方は婦人科を受診してみたほうがよいでしょう。
規則正しい生活と栄養バランスのよい食事をとるように心がけ、生理痛を軽減させるために生活習慣を見直していくことも大切です。

生理痛を和らげる最終手段としてはピルを利用するという方法があります。
特に、トリキュラーのような低用量ピルと呼ばれるものを使うと効果的です。
トリキュラーは病院で処方してもらうことが可能ですが、通販でも購入することができます。
通販で買えるトリキュラーの紹介サイトもあるので活用してみましょう。
生理痛は女性にとってつらい人もいますが、自分に合った最適の対処方法が必ずあるはずです。
長い人生を楽しむうえでどのような方法が一番自分にとって最適か模索してみるのも良いでしょう。