• ホーム
  • 生理痛や排卵痛になったら安く痛みに対応

生理痛や排卵痛になったら安く痛みに対応

2019年07月10日
笑っている女性

生理痛は生理が始まる前から症状が出始め、人によってそれぞれ症状が違いますから、生理周期や生理痛の出方などをメモしておくと痛みに対する対応がしやすくなります。
腹痛や腰痛そして頭痛などはっきりとした痛みで出る場合もあれば、全身に漠然とした痛みや倦怠感としてあらわれることもあります。
さらにはイライラや吐き気、めまいや下痢などを伴う人もいます。
多くは生理が始まった1日目から2日目程度がピークで徐々におさまっていきます。

痛みに耐えていると余計に体調を崩しやすいので、市販されている痛み止めを利用して症状を緩和すると良いです。
費用も安く生理痛用の痛み止めが出ていて、胃の負担を軽減する成分が入っていて飲みやすくなっています。
漢方を利用して血流を良くしたりホルモンのバランスを整えるのも良く、日ごろから飲むようにしておけば生理が近くなっても症状を悪化させない有効性が期待できます。

腹痛や腰痛などは血行が悪くなっているとより痛みを感じる場合もあるので、安く対処するには腹巻や湯たんぽなど一度購入すれば何度も使えるもので体を温めるようにすると良いです。
また、お風呂に入って全身を温めることも効果が期待できます。
食事の内容に気を付ければ安く体調を整えるのによく、体を冷やしてしまう野菜などは控えると良いです。

生理痛と似ていて排卵痛による痛みを感じる人もいて、排卵が近くなると痛くなります。
生理終了から13日程度経過したころからおよそ3日間程度痛みがあります。
基礎体温などを測り痛みが出ている時期を見れば、排卵痛であるか分かりやすくなります。
妊娠を希望している人は市販の痛み止めの服用は避けましょう。

ホルモンバランスが乱れて生理痛や排卵痛がある人は、症状が重くないと病院に行かない人が多いですが、他の病気が影響して痛みが出ている場合もあるので、毎月痛みがあるようなら一度診てもらった方が安心できます。