• ホーム
  • 男性も理解しなければいけない生理痛について

男性も理解しなければいけない生理痛について

2019年06月20日
微笑んでいる女性

女性ならではの症状、生理痛は男性にはなかなか理解しづらいものです。
しかし、女性にとっては妊娠の準備のための一大イベントなのです。
生理痛は下腹部痛が主ですが、腰痛や頭痛などの症状をもたらします。
他にも全身倦怠感や眠気が強くなるなどの症状もあらわれます。
これはホルモンの変化によっておこります。
エストロゲンとういうホルモンは、排卵の前にピークを迎え、排卵後に急速に減少しますが、その際に脳にあるセロトニンという物質も減少してしまうのです。
セロトニンが減少すると、頭痛がおこるだけではなく、いつもよりも集中力が途切れやすくなったり、感情的になりやすくなります。

女性が生理の時機嫌が悪いのは、ホルモンバランスの変化のせいです。
機嫌が悪いとどのように接してよいのかわからなくなってしまう方も多いと思いますが、相手に対して怒っているのではないのです。
そのような時には、怒ったりせずに優しく話しをききましょう。

生理痛を和らげる方法として、身体を温めること、規則正しい生活を送ること、バランスのよい食事をすること、無理のない範囲で運動を続けるなどがあります。
しかし、女性自らがこのような対策をとっても、生理痛を100%防ぐことは難しく、男性に理解してもらえないと女性は悲しいものです。
そのような時につらい生理痛を女性は男性に理解してもらいたいのです。

何をすればよいのかわからない男性が多くいるかと思います。
男性ができることとしては、腹部に負担をかけないように重い物などをかわりにもったり、女性の体が冷えないように保温に留意したり、体調を考慮し遠出の外出を控えたりするだけでも、女性にとってはその気遣いを嬉しく思います。
普段どおりに接することが一番ですが、その中でほんの少しの気遣いをするだけも違います。
女性の気持ちに寄り添おうという気持ちが大切なのです。